横浜市に係る課題に関するアンケート(かながわロックの会)                     

  • 【設問1】横浜市の高齢化に対してどのようなお考えをお持ちですか?

    独居高齢者を孤立させません。地域の支援拠点や要員補強を図ります。高齢者の経験や知恵を青少年の健全な育成に活かすなど、社会との接点を創ります。高齢化ストップには、子育て世代に住みよい街づくりが必須です。徒歩圏の児童公園の充実、歩き易い歩道の整備など、身近なインフラ整備、公平公正な扶養補助を充実します。
  • 【設問2】社会保険料の負担が近年重くなってきていることに対してどうお考えですか?

    社会保険制度の有効な是正を怠った政治の責任は重い。社会福祉予算の無駄の発掘を目的として、現施策への市民の意見や要望を募りたいです。子育て環境の改善による流入人口増や、企業誘致等によって市の税収増を図り、市民の社会保険料負担軽減を実現します。県や市の未病改善運動の促進で医療費を抑えることも有効です。
  • 【設問3】横浜市も検討しているカジノ誘致に対してどのようなお考えをお持ちですか?

    IR実施法でカジノを例外的に設置可能としたこと自体、目先の利益しか考えない政治です。健全な青少年の育成に悪影響を及ぼす賭博施設を、横浜のみならず日本に作ることに反対です。横浜の魅力は、歴史、文化、みなとみらいの美しい都市景観、谷戸の自然でアピールしたいですし、より魅力的な集客施設も提案準備中です。
  • 【設問4】要望の多い中学校給食の実現について、どのようにお考えですか?

    中学生は各人で食事の量や好みの違いが出てくる年代です。その観点から各人に合わせて家庭で弁当を用意するのは理にかなっています。一方、弁当を作りづらい家庭に配慮したハマ弁は、思いやりのある制度であり、市財政的にも合理的です。まずはその問題点を利用者の立場で明確にし、理想に近づけるのが上策と思います。